インナーチャイルドとは?

今、私たちは大人ですが
ずっと生きてきた中で取りこぼしてきた感情というものがあります。

例えば、
人に話しかけることが苦手だという人がいて、
ひょっとしたらそれは、幼稚園のころ、
ある日の夕方にお母さんに楽しかった話をしようとしたら、たまたまそのとき忙しくて、
うるさいわね、って言われたことが原因かもしれません。

ほんの小さな感情の取りこぼしが積み重なって、
芯は小さな小石のようでも、年月をかけて雪だるまみたいに大きくなってしまうことがあります。

たとえば、
人とあたりさわりのない話しかできない人がいて、
ひょっとしたら小学生のころ、
好きな人を友達に打ち明けたら、それがクラス中に広まってしまった経験があるのかもしれません。

そのときに、大事な話はしちゃいけないって、
小さな心がきつく決めてしまったのかもしれません。

今、自分の女性性を認めることが苦手な人は、
ひょっとしたら、女のくせに、と幼いころ父親に言われ続けた人かもしれません。


そのときのつらさだとか、傷ついた心を
何とか守る鎧(よろい)を、幼い私は自分につけました。

でも、幼い自分の精一杯作った鎧は、
今の大人の自分には、窮屈だったり、不恰好だったり、
案外不都合が多いのです。




月には3人の女性が住むといわれます。
娘、母、老婆。

一人の人間の心の中にも、
マトリョーシカのように
いろんな自分がいます。

その中でもとりわけ、
「幼い私」はピュアなぶんだけ、たくさん傷を持って、息を潜めていることがあります。


大人の私が、「理屈」で処理しようとしても、

だって、目の前に4歳の女の子がいて、
そのつらさを理屈で押さえ込めますか?

それがインナーチャイルド。

あなたの心の中に住まう、小さな自分自身です。



今、その子供に一番添える、一番理解し、手を差し伸べることができる大人は

お母さんでも、お父さんでも、そのとき傷つけた誰かでもなく
あなた自身です。

インナーチャイルド・セッション

インナーチャイルドセッションは、
まず、あなたのこだわりの感情が、いつ、どこで生まれたものかをみてゆきます。

静かに、言葉で誘導してゆきます。

決して催眠でもないし、意識もしっかりありますし、
皆さんティッシュ箱を抱えながら自分の中の小さな子供と向き合ってゆきます。

私の仕事は、
あなたに沿うことです。


セッションをしてゆくと、時には
あなたの中には、今の大人の自分と、幼い自分の2つの感情が
同時に生まれるので、時にはとても怖くなったり、不安になったり、
どうしていいのか混乱したりすることもあります。

こんなにつらかったのかと、
その幼い感情エネルギーのすさまじさに
愕然として号泣する方も、震える方もいます。


どんなに汚いことを言ってもいい、ののしっても、甘えてもいい。
どんなに泣いてもいいんです。
そんなこと思っちゃだめだとか、押さえ込むことはしないでください。

醜いものなど何にもないんです。


ちゃんと私はその場にいます。

責めることもジャッジもしません。


ただ、大人のあなたが、安心して、
あなたの心の中の幼い人とコンタクト取れるように
立会い、誘導します。

私が見たものを伝えるのではなく、
あなたがしてゆく作業に、私は沿うだけです。



ご自身の中で、ここまでは観てよいと決めているものまでしか出てきません。

ちゃんと自分が準備できた段階まで、
物事は起こるのです。



立ち会って、
いつも思うことは、

幼いころの心は、なんて純粋で傷つきやすいのだろうということ。

そして、その心を今の自分が理解するということ、
認め受け止めると約束することは、

どんなに自分自身を深く受け止めることか、
計り知れません。

本当に美しい瞬間を、私は見せていただくんです。



私自身の経験からいうと、

「傷ついた幼い子」が真に癒されたとき、
それは、もはや「問題のあるインナーチャイルド」ではありません。

本当に叡智のある存在として生まれ変わるのです。
明るく、自信に満ちた純粋な存在になります。

私は、この「賢いインナーチャイルド」にどんなに助けられているか知れません。



インナーチャイルドセッションは
1度だけ受けることもできますが、
3ヶ月間、月に1回ずつ合計3回セッションを行うコースもあります。

この場合、途中でテーマが変化してゆくこともありますし、
インナーチャイルドと過去世のセッションを織り交ぜる場合もあります。

インナーチャイルド・セッション 90分 12,000円

                  3回コース 90分×3回 3万円
inserted by FC2 system